Amazonに投稿された【TENGA】のカスタマーレビューがガチで官能小説レベルw

公開日: : エロ一般, スパムネタ

CN0Dh8Cntmネタツイート
Amazonに投稿された【TENGA】のカスタマーレビューがガチで官能小説レベルwww
【悪魔と契約したような感覚】とか書いたヤツ天才やwwwヾ(・∀・`*)

ネタバレはこちら

アプリを認証してまでAmazonの宣伝を見る必要性がありますかね?
内容は男のナニの話ですし、読もうとも思いませんな

◯TENGA ディープスロート・カップ ハード[HARD] のレビュー

私は最初からこの黒いTENGAを使用したかったのだが注意書きに初心者厳禁とあったので渋々一度赤いヤツで経験を積んでからこの黒いステージに至った。

おそらくTENGA全て言えることだが、はじめてその穴に挿入した時恥ずかしながらも声が出てしまった。

その後何度か赤いヤツを使用しているうちにその刺激にも慣れてきたのがいつしか心にゆとりを持ってTENGAの穴に挿入するようになった。

しかしこの黒いTENGAを使う時にそんなゆとりなど持つことは出来なかった、何回経験しても初心の刺激が失われることがなく毎回声出してしまう。

構造上赤いヤツよりも締まりが強く硬く締め付けて支配してくるような感覚に見舞われる。

はじめてでこの黒いTENGAを使っていたらと考えると支配されることしかできない生物になってしまうのではないかという恐怖が湧いてきた。比喩表現だが「悪魔と契約したような感覚」だと私は思っている。

ずっと気持ちいい黒いTENGAを手放せる日はまだ遠い。

◯TENGA ディープスロート・カップ スペシャルクールエディション のレビュー

ありのままを書きます
まず私は挿入しやすいように、アダルトもののCGを回覧していました。そもそもたっていなければ入れる事も出来ない

そして十分自分を興奮状態にした後、チクワの方の封を開けた

封を開けた段階だけだとよく分からなかったが、よく見ると回して開ける様な構造をしてるみたいだ、とりあえず力ずくで開けた

そして白いフニフニとした素材でできた『真ん中に丸い穴の開いた』物が顔を出した

私は初めての事で少々怯んでしまい、実際に使うのを少し躊躇ってしまう

とりあえず無臭だった、丸い穴の中にはすでに潤滑油が入っているみたいだ。そしてさわり心地はなんとも説明しがたかった

…やっぱりフニフニとした感触の物だとしか言えない

躊躇う事約2分、私は意を決して使ってみる事にした

最初は白い素材に分身を当ててみた、しかし特に変わった感じはしない

次に分身を穴にあてがった。すると僅かに刺激が走った

この時、私は再び怖気付き始めた。こんな物の中に分身を入れて本当に大丈夫なのか? という思考が脳を横切った

だが、もう後には戻れない。この体験を最初で最後にしておこうを思い、私は手に持っていたモノをゆっくりと下に下げた

すると分身が半分程沈んだ時、首筋に息をかけられたようなもどかしい感触が分身から体へと静かに伝わった

この時点で、私の理性の鎖はほとんど解除状態に陥ってしまった。正直この文を書いてる間も、その感触が残っている程の刺激だった

まもなくして分身が全て中に納まった。だが収まっただけじゃ大した刺激はこない、きても中のヌルッとした感触と僅かにくるヒヤッとした感触くらいだ

そして私は半信半疑のまま、手に持っていたチクワを上へと上げた。そしてココからが本番だったのだ

上に上げ始めた途端、さっきのもどかしい感触を何倍にもしたような刺激が分身から伝わってきた

この刺激はすごかった。ゾクッゾクッとした刺激が分身からではなく脳に直接与えられてると思うくらいだった

私はこの刺激を受けてからの行動がとても速かった事を覚えている。

気が付くと手は勝手に上下運動を始めていた。それと同時にアノ感触が分身全体から休みなく与えられてきた

下に下げるとヌルッとした感覚がグチュという音と共に分身から伝わり、上に上げるとゾゾゾッとしたすさまじい刺激がジュポッという音と共に脳に与えられた

上下する度に、僅かに違う刺激と快感が体中を駆け巡り、気が付くとオワリの感覚が込み上げてきた

私はもう少しこの感触を味わっていたかったのだが、オワリの感覚が込み上げてくるのとほぼ同時に、上下する腕の速度も勝手に上がっていった

加速しはじめる腕。そうなれば感覚がどうなるかは言うまでもなく分かるだろう。さっきまで自分を襲ってきていた快感が何倍もの速度で脳に叩き着けられる

腕を止めようと意識しても、体が刺激を欲しがっているらしく、まったくいう事を聞いてくれない

もうもたない! そう思った時、腕の速さが最速になった。あの時の刺激は正直よく思い出せない、それほどの刺激なのだから

そしてオワリを告げる放出が始まった。中に溜まってしまう為どれほど出たかは分からなかった

通常の手だけのコウイでは滅多に味わえないボーっとする疲労感に包まれながら、私は自分のからだがビクついてる事に気付いた

それを見た私は「今中を上下したらどうなるんだろう?」と思い、少しだけ刺激を与える為、腕を上下させた

すると先ほどよりも分身が敏感に刺激を感じた。再びゾクッとした快感が体を駆け巡り、それと同時に腰や足をピクッピクッと勝手に動いた

1?2分程間を置き、私はチクワから分身を抜き出した。この時も刺激が分身から与えられ、また力を取り戻しかけたが今度は理性で何とかした

抜いた後に私は内部構造を見た。使用前では潤滑油が邪魔で中を見る事が出来なかったが、今度は見えた

中にはクリアブルー色をしたヒダヒダが螺旋状にビッシリと張り巡らされていて、これが分身に刺激を与えていたみたいだ

私はチクワに蓋を閉め、隠すようにゴミ箱に入れた

終わった後は少し虚しさが残ったりするものなのに、この製品だからだろうか? しばらくの間僅かにひんやりとした感覚が分身に残り続けた

今思い返してみると、分身を中に入れている時は最初はヒンヤリとしたが、上下運動を始めたあたりの時にはすでに、ヒンヤリ感覚はほとんど気にならなかった

2Chとかで色々言われていたが、使ってみると対して気にならないな(…まあ、これを書いてる現在もヒンヤリ感は少し続いているが、そんなに気にならない)

最後に分身に残った潤滑油を水で洗い、事なきを得た

…実は上下運動を始めた時から何度も声が出そうになったが、リビングに親がいるので頑張って堪えた。今思うと、ココで残り理性の殆どを使っていたのではないだろうか

以上だ。しかし、これを使うのは今回だけにしておこう

これ以降数回以上使ったら、間違いなく道を踏み外すな…うん

理性の削られ具合がすごい…生半可な覚悟で使うと、多分意思の弱い人は乱れるだろうな

引用元 Amazon TENGA

 

SNS共有

 

 

 

  • SNSで更新情報配信中

  • アーカイブ

  • カテゴリー

PAGE TOP ↑
"); //src部分は適宜書き換え // -->